DIYを今から始めたい人が知っておくべき情報

Furniture

実用性

冷たい窓から部屋を守ろう

冬はとても寒いです。これは仕方がないことですが、我慢ができないくらい寒いこともあるでしょう。しかし電気代を浮かせるために暖房を節約している人もいるはずです。そんなときはカーテンを見なおしてみてはいかがでしょうか。 部屋が寒くなるのは窓のせいといっても過言ではありません。薄いガラスや金属製の窓枠によって、外の温度の冷たさが部屋に伝わってきてしまいます。それならば窓を交換するのが一番良いのでしょうが、それでは費用がかかりすぎてしまいます。 それならば、まずはカーテンを交換して寒さ対策をしてみましょう。それなら費用も、窓を交換するという大がかりな物よりも、ずっとずっとお得に済ませることができるでしょう。

カーテンは床までとどく物にしよう

寒さに打ち勝つために、カーテンをどう交換すれば良いのかというと、気にしなくてはいけないのはカーテンの長さでしょう。 暖かい空気は上にいって、冷たい空気は下におりてきます。サーキュレーターなどで部屋の空気を循環させると暖かくなるというのもこの現象のためです。 このためカーテンの丈の長さが足りずにきちんと床までとどいていなのならば、カーテンの隙間から冷たい空気が入り込んできます。足下が冷えるという方はカーテンの長さをチェックしてみましょう。それで丈が足りなかったら交換しましょう、それだけでも十分に部屋の気温への効果はあります。 長さが大丈夫なのでしたら、あとはカーテンの質を上げるだけです。多種多様の機能をもつカーテンがあるので調べてみましょう。